scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.

ここは裏面。

本来、誰も知らないことを前提に書こうと思ったスクラップ置き場。

極力本心本音を書き出したいと思っている。

それが読み手にとって良いことであれ悪いことであれ、この場では基本的に気にしたくはない。

かといって匿名ダイアリーにしないのは、僕個人が書いているという証拠が欲しいから。

 

ただ、書き分けが難しくなってきているのも事実。

だから僕を知る人に読んでほしくない記事には、特に強調しようと思う。

 

ここは裏面。

知っている人が読んだなら、読んだことを心に秘めていてほしい。

僕がそうしているように。

 

15年前に彼女に出会っていたなら、人生はどう変わっていただろう。

当時は僕自身が発達障害なんて知らなかった。

田んぼの農薬の匂い、焼きつくような太陽、強烈な匂いのラーメン、意味を見出せない大学、不味い下宿の料理、それが当時の全てだ。

今、彼女にあってみたい。

顔を見せ、声を聞かせてみたい。

顔を見て、声を聞いてみたい。

日々思いは募るけど、彼女に幸せを壊したいわけじゃない。

彼女の幸せがいつまでも続くことを祈って、彼女の温かさを思いながら、一人でいることも悪くないじゃないんじゃないかな。

 

 

元カノから連絡があった。

11月に札幌に遊びに来たいと。それは暗に僕の部屋に泊めて、というものを含んでいる。

正直なところ、断りたい。

“彼女”ではなくても、身を案じてくれている人がいる。

その彼女に不誠実なことをしたくない。

僕に“彼女”ができたなら、真っ先に彼女に伝えたい。元カノではなく、彼女に。

喜んでくれるだろうか。僕は少し寂しいけれど。

願わくば彼女のような人が“彼女”であってほしい。

 

 

もう一つ思っていることがあるけど、それはまだ書けない。

今の気持ちいい関係を壊したくないんだ。

最低だよな、僕。