scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.

夢うつつ

 

・・・

夕暮れのどこかの校舎の一室から、友人と思われる誰かが出ていった。

祝勝の祝賀ムードの余韻が残る、ふたり残る教室で。

・・・

 

「ねえ、試合には出ないの?

「僕は…出ないかな。

「勝てるのに。勝ってほしいな。

「んー…興味ない。

 

・・・

会話が途切れた。

垂れ下がった横断幕の端を弄び時間を潰す。

・・・

 

「ねえ、

振り返ると、背中をこちらに向け床に座っている制服の女の子がいる。

「事故から一年近くまともに目も合わせてくれないけど、いつまで続くのかな。「僕は…「ねえ、私おかしくなっているのかな。一人でブツブツしゃべっていて、頭の先から爪の先までジロジロ眺めていて、好きでいて、ねえ、こんな私おかしいのかな。ねえ、なんとか言ってよ。

 

堰を外したかのような勢いで流れ出た言葉に声を失った。

 

僕は…