scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.

ここは裏面。

本来、誰も知らないことを前提に書こうと思ったスクラップ置き場。

極力本心本音を書き出したいと思っている。

それが読み手にとって良いことであれ悪いことであれ、この場では基本的に気にしたくはない。

かといって匿名ダイアリーにしないのは、僕個人が書いているという証拠が欲しいから。

 

ただ、書き分けが難しくなってきているのも事実。

だから僕を知る人に読んでほしくない記事には、特に強調しようと思う。

 

ここは裏面。

知っている人が読んだなら、読んだことを心に秘めていてほしい。

僕がそうしているように。

 

鏡の中の君

時々、メールの相手を自分に重ねてみてしまう。

言葉遣い。

距離感。

触れようとしてもガラスの冷たい表面に当たるだけで、実際には触れることも声を聞くことも(聞かせることも)ない。

時々、ついに発狂した自分が自作自演しているのではないか、とか思ってしまう。

言葉遣い。

距離感。

それでも君がいることで救われる。

実物と接したら、きっと温かさを求めてしまう。抱きたくなってしまう。

きっと。

だからガラスの冷たさも、僕にとっては都合の良いことなのかもしれない。

本当の温かさを思いながら、今日も枕を抱きとめて冷たい夜を眠るのです。