scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.

指の先から足の先まで痺れている。

 

先日、嫌な自分を久しぶりに目の当たりにして、失望した。

そんな時、僕は夢の中に逃げる。癖がある。

 

少しずつ、うまくいかなかったんだ。

 
忙しい仕事。それでも表面的には余裕こいてみせるから暇だと思われているらしく、どんどん仕事は持ち込まれる。
それぞれは大して手間もかからない些細なものなんだけど、積み重なるとそれなりに手間になる。
ましてや僕自身の仕事の余裕もない中なら、なおさら。
 
僕の仕事は時間に間に合わせなければならない。
全力で仕事に対応すると周囲への配慮が欠けて、それが言葉遣いや仕草に出始めるんだ。
 
ここまでは良くある話。
 
ところが一昨日は、気分が良くなかった。
荒い言葉遣いや仕草を、休憩時間でリセットできず持ち越しちゃった。
そういう無差別に他人に不快な思いをさせる幼稚な面がとても嫌いで、自己嫌悪モードのスイッチが入っちゃった。
 
 
余裕のないアスペだから、一度下り始めると、どんどん転がり落ちていく。
大切にしなければならないあらゆることを放り投げて、夢の世界に行こうとする。
 
少なくとも今は、少なくともひとつ、何としても守らなければならないものがあったのに。
それを傷つけてしまうことなんて、考える余裕もなかった。
 
 
職場での振る舞いと、友人への非礼。
 
職場はどうでもいい。
友人に嫌われてしまったのではないかと思うと、身体中が痺れる思いだ。
何とかしてでも取り戻したいから、誠心誠意、行動して行こう。
 
それで許されることでなくても。