scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.

発達障害者ってどのような待遇を受けるべきだろう?

 

この記事は全ての人の考えを否定するものではなく、ただの僕の心の中の疑問です。
(もちろん程度によっては、ってものもあります)

 

発達障害の子を持つ親にとって、その子というのはどう捉えられているのだろう?と思うことがある。

・色々構造化している
・無理のない範囲でやらせている
・親も勉強してより理解をするべき

なんというか、「子どもの将来を見据えて」行うべき行動が、「障害者を持つ子どもを受け止め一生懸命頑張っている私すごい」行動に見える人がちらほらいる。気がする。

 

いや、どの親御さんも頑張り始めたスタートラインは「子どもの将来を見据えて」だったとは思う。

「私すごい」の人も当然そうだっただろうし、現在進行形でそう思っているだろうからこんなこと書くと激昂するだろうな。

 

でも自信満々に公開している構造化の内容を見る限り、その子の世界を狭めているようにしか見えないこともあるんだ。

例えば物を定位置に置くようにしたとしよう。
今後自立した時、誰がその場所を決めるのか。

必要とされるのは定位置に物を置いて「できた!偉いね!」の満足ではなく、この先新しいものが増えることに対しての応用力を何とかして獲得することではないだろうか。

詳しくは書けないけど。

 

次に書くことは正解とはとても言えない。

僕は怒声と体罰と、劣等感と罪悪感の中育ってきた。
成人するまで発達障害だということに、親を含めて知らなかったためである。

当然療育や支援なんてない中、足りない頭で自分なりに考えた。
周りを追い越すことは無理でも、追いつく方法を。

体力の続く限り粘り、倒れ。精神をすり減らすまで挑み、寝込み。
何度も未来に失望し、何度か死を考えたほどだ。

そのお陰か、今は偏屈なりに自立した生活を送れている。*1

 

仮に僕の親が「私すごい」だったらどうなっていただろうと思うとゾッとする。

倒れるくらい頑張らなくていいよ。無理しないで休めばいいじゃない。

庇護してくれる何者かがいるのであれば、それでも良いかもしれない。

だけど現実で一人立とうとしたなら身を挺して守ってくれる“味方”より、場合によっては揚げ足をとったり引っ張ったりする“敵”の方が多いかもしれない。この辺りは親御さんがたのがよく知っているんじゃないかな。

 

親御さんだっていつまでも子供を庇護するわけにもいかないのは分かっているはず。

僕は自信を持って言える。もし仮に僕が庇護されてきていたなら、きっと今頃ニートだ。*2

子どものそんな未来を願っている親なんていない、と信じたい。

自立したなら、社会に踏み込んだなら、それまでにない我慢や苦労を強いられることになるのは明白だ。

それに対する抵抗力や対応力を身につけさせるのが、「子どもの将来を見据えて」行う支援なのではないだろうか。

 

自信満々に公開しているあなたの支援は誰のためのものですか?

 

*1:もちろん、対人恐怖・不信などをメインに後遺症もばっちり残っているが

*2:知人に極めて近い特製の自称高機能自閉症がいるが、彼は両親の厚い保護のもとニートに励んでいる