scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.

近況報告

副鼻腔炎の診断を受けて2週間経った。

レントゲンを撮ってみると改善の傾向は見られるものの、依然服鼻腔は曇っている。

とりあえず、急性副鼻腔炎ではなかったようだ。

 

提示された可能性はふたつ。

  1. 大きい病院で検査する
    カビかどうかを検査するには大きい病院に行かなければならないらしい。
    慢性副鼻腔炎であれば投薬を続ければ治るらしいが、カビなどの場合は別な治療が必要になるということだろうか。
  2. 慢性副鼻腔炎として治療を続ける
    急性であれば2週間で治るそうだが、慢性なら2ヶ月かかるらしい。
    その間抗生物質(抗菌剤ではなくなった)を飲み続けることになるが、カビの場合は治らないらしい。

患者である僕が選ぶには情報が少なすぎます。

帰宅後調べたら鼻茸等ポリープが出来ていたら投薬では治らないらしいが、とりあえず現状治りきらなかったが効果はあったということで、慢性副鼻腔炎として2ヶ月の治療を続ける方向を選択した。

それでダメだったら大人しく大きい病院に行こう。

 

・慢性副鼻腔炎の外科的治療

仮にポリープが出来ていた場合、副鼻腔をごっそりえぐるような手術が必要になるらしい。
僕のポリシーとして、体に備わっているものは取りたくないんだよなぁ。

服鼻腔はもちろん虫垂にしろ甲状腺にしろ尾てい骨にしろ、なんらかの機能があるからこそ存在しているはずだから。今はわからないだけでね。

 

精神面は持ち直しつつあります。

まだ予断は許されません。