読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.

お風呂に入ろう

ストレスケアのため、お湯をためて風呂に入ろう!

と、だいぶ前に考えたのですが。

道内プレミアム価格のプロパンガスをふんだんに焚くことに躊躇い、あまり実施してません。

 

湯水のように?冗談でしょ。

湯船の一杯は、高い。

燃料供給先を選べない都合上、相手の言い値です。

 

で、久々に入ってきました^^

浸かるだけで優に1時間。
足伸ばして寝れる浴槽だったら大満足なんですが、身長180あると実現は無理でしょうね(銭湯行かなきゃ)

・・・疲れました!苦笑

 

 

ぼーっとすることは得意ですが、目的がある場所では早く目的を達成したい衝動に駆られます。

処世術みたいなもんです。

 

周りに追いつくため100%で活動するわけですが、実のところ最適化に慣れてくるとそれなりに時短することは可能です。

自分の最適化には限度がありますので、仕事を最適化していきます。
もちろん業種によりけりですが。

僕の場合、パソコンを使う仕事なので・・・VBARubyで、作業のかなりの部分を自動化しました。

 

「こうすることで余裕を得たい」というよりは、いち早くイレギュラー対応のための待受状態になりたいんですね。

たとえ最適化の結果、70%で仕事をできるようになったとしても、イレギュラーが発生したならそれだけで100%近いリソースを消費します。
だから待ち受け状態にならなければならないんです。

 

が、そうしていると「あいつは余裕がある(怠けてる」と判断され、新たなる仕事を与えられます。せっかく確保した待ち受け時間ばパァです。

よく「適度に怠けなさい」とアドバイスする真意は、ここらあたりにあるのでしょう。

ただし、このアドバイスが適用されるのは、その余裕がある人に限られるんじゃないかなぁ。

 

そして仕事最適化←→仕事追加の地獄のようなルーティンが始まります。

仕事を食い尽くすか、仕事に潰されるか。

僕は言いたい。

給料はあげなくていい。
しかしやるべきことは100%こなしているのだから、怠けているという判断はおかしい!と。
(仕事増やすなら相談してからにしてほしいです。働きたくないわけではないので。ほんとお願いします)

どうなることやら^^;

 

 

話が逸れました。

風呂に入ると、例に漏れず目的を達成したくなります。

 

目的とは何か。身体の清掃ですよね。

そういう認識なもんだから、シャワーで十分とも思っていました。
最大効率でとっとと清掃完了し、待ち受け状態になるべきです*1

 

ただし、入浴にはそれ以外の効果もある(らしい)
疲労回復効果、リラックス効果、免疫機能の向上などなど。

・・・実感したことはないのですけどね。

本当だったらその効能にあやかりたい。

しばらく様子を見ようとは思いますが・・・ただ目的完了に急く心を鎮め続けるのは疲れます。

何か、別にわかりやすい目的がほしいところですね。

 

防水防湿耐熱仕様の電子ブックとかタブレットとか、そういうの導入してみようかな。

*1:ただしサウナの場合。目的は水分を搾り出すことと設定されているらしく、意地でも出てこない。体重40k台に迫って、初めて納得する