読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.

事務員の価値

僕は事務員だ。

事務員たるもの、数字をあげられる(利益)ことはない。

だから「営業が稼いだ金をいかに使わないか」に全力を費やすのがモットーです。

紙の1枚、複合機のカウント1回、ゴミ袋の1枚すらケチる。
自分の業務は最大効率、最速で。無駄な残業はしない。

定時までにはしっかり帰っていました。

 

したら役員にきっちり叱られました。

 

「営業が残業しているのに、なんで事務のお前は定時で帰るんだ」

要するに、仕事しないのなら価値がないとおっしゃる。

 

お言葉ですが。

不肖、私。10年選手の先代が7時間かけて行っていた業務を4時間に短縮しました。
空いた時間で、非公認ながら営業の業務の一部を肩代わりしてます。
さらに近々定年になる人の業務も習得し備えているところです。
業務を引き継いだなら先代比2倍の業務量です。

それでいて先代より給料は低い。

 

営業さんがたは確かによく働いている。

あくまで利益を得ているのは彼らなのだから、僕は頭が上がらない。

しかし傍目で見るに、無駄の多いこと多いこと。

営業は体力を使う仕事だから、休憩を多く取るのはわかる。
休むのも仕事のうちだ。

ただ、1時間以上何もしないでタバコ吸いながらスマホゲームしているのはどうかと(もちろん他でも休憩はしている)。くっちゃべっているのはどうかと(営業らしい。たとえ身内とのゲームのお喋りでも)。なんとなく居残り残業時間を伸ばすのはどうかと。

業務自体も非効率で無駄が多い。誤配や不達は日常茶飯事だが、そもそも解決しようとすることもない(ミスった下っ端を叱るだけ)。それぞれがそれぞれの仕事に固執するから情報の伝達すらままならない。

 

そういや先代は「あまり早く終わらせると仕事を押し付けられるからほどほどにね」と釘を刺してきていたっけ。

会社は古い体質の会社だけど、ただ長く働いていれば評価されるというのは、あまりよろしくない面だ(良い面もたくさんある)

 

・・・いや、給料をもらっているなら全身全霊をもってキッチリ働くさ。
(ひとりで今の給料分稼いで来いって言われたって無理だもん!)

2〜3人分の業務をひとりでできるようになれば、それだけで人件費が月数十万単位で減る。リスク分散はしておきたいけど、これが今のところの目標です。

もちろん、定時には帰りますが。

 

今日は仕方なく+1時間の残業をしてきた。

事務員の価値ってなんだろう?

そう考えながらの残業はとても長かった・・・

 

フラストレーションが溜まったので

f:id:leiurus:20170216173442j:plain

思いの丈を、全て生パスタに叩き込んだ(寝かせ中)。

全部まとめて美味しく召し上がってやる!!!