scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.

税の計算は難しすぎる

ふるさと納税に関する記事がピックアップされていましたね。

記事を読む限り「イイカモ」と思いましたが、言葉は知っていても具体的な中身は知りません。

ので、軽く調べてみました。

結果、よくわかりませんでした。

 

「年収300万円の定型単身リーマンで*1寄附上限額に近い30,000円を寄附する」という想定で調べました。

なお、僕じゃありません。

源泉徴収票を引っ張り出してガチで調べても良かったのですが、メンドウだったので感覚だけわかれば良いとの判断からくる適当です(必死

 

ふるさと納税は、つまり「税金の先払い」。
ただし還付金や控除、お礼の品などリターンがあることが通常の納税と異なります。

で、リーマンの場合は「ワンストップ特例制度」を使うことになるだろうから、この時点で還付金*2がなくなります(自信はない)

 

さて、税の話をすると、ふるさと納税に関わる税は住民税と所得税になる。

所得税の計算には疑問はありません。
翌年は年間1,500円ほどの節税になります。

問題は住民税。

f:id:leiurus:20170214203533p:plain

スクリーンショットふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 控除金額シミュレーション

寄附金税額控除(住民税)のところです。

控除って税金がかかる箇所の金額だったはずで、それなら所得税欄の寄附金控除の箇所に数字がくるべきじゃないの?汗

例えば僕は障害者控除26万円が計上されますが、これは画像の所得控除の合計に加算され、差し引きの課税総所得金額から納付金額が算出されます。
26万円という額面が納付金額から差し引かれる訳ではありません。

どこの紹介も似た感じですし、「先払い」なら*3画像のように算出所得割額から引くのが正しいのでしょうけれど・・・

なんか違和感を覚えます。
(なお課税総所得金額から控除された場合は年間2〜3千円くらいの軽減です)

 

税金の計算なんてただでさえややこしいのに、ワケワカランです。

教えてわかってる人!もしくは経験者!

 

・・・まぁ最悪(という表現も何ですが)数千円は減税されるわけですから、今年はやってみようと思っていますけどね!

 

・・・この記事、表のブログとどちらに投稿しようか迷いました・・・汗

*1:閲覧可能なシミュレータの結果

*2:寄附金控除?

*3:ところで「先払い」とオフィシャルに書いているところってあったっけ?