読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.

失礼な思いがあった

これまで数多くの知的障害者と接した。

過去の話だ。

自分自身がアスペと発覚したとき、あらゆるものがうまくいかなくなったとき、世間についていけなくなったとき、想像していた未来が自分にとって絵空事とわかったとき。

彼らが思い浮かんだ。

施設ではあるが、屈託のない笑顔がある日々。

比較的束縛されず、比較的自由で過ごせる日々。

愛情も憤怒も、感情を妨げるものがない。

「どうせバカなら、自分がバカとわからないくらいバカに生まれたかった」

どん底だった僕は、そう思った。