scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.http://scrap.hatenadiary.com/entry/2018/12/06/175608

キチガイ

グルチャでの投稿で

「あなたは発達障害で、気狂いだと職場や周りの人が思っているから、友達も彼女もできないのだ」と言われショックだった

というものがあった。 

 

言われた方は文面通り大変ショックを受けたようで、その後鬱症状が強くなるたびにその発言を思い出すらしい。

 

友達も彼女もいない。または少ない。

僕も当てはまります。

でもそれは気狂いだからだろうか?

 

 

僕は面と向かって気狂いと言われたことはないけど、「あいつはバカじゃけん」と陰口を叩いている現場に出くわしたことならある。

信頼を築き始めている友達と思っていたので、当時は相当ショックだった。

でも今はまんざら外れてはいないと思う。

バカの意味が違うのかもしれない。バカでいることは楽しいことです。

 

でもそれが「気狂い」だったらどうだろう。

バカには考えようによっては良い意味合いも多少はあるけれど、気狂いは棘のある“悪口”でしかない。

良い方向に考えようのない悪口は心に留まるだろう。

 

 

だけども、仮に本当に気狂いだったとしても、それを面と向かって指摘する相手も相当品性が欠如しているように思う。

むしろ本当の気狂いに対しては、おそらく言わないだろう(何をされるかわからないので)

悪口として“気狂い”を使える相手を選ぶ・・・自分より劣る弱者を狙い、マウンティングをとりたいだけなのかもしれない。

気狂いと指摘されるのは、気分を害することではあるが事実ではないと思える。

 

また、“職場や周りの人が思っている”という言葉も引っかかる。

往往にして「周りのみんなが思っている」というのは単に相手の感覚だけで、別にアンケートをとったわけじゃない。

つまり周りの人もそう思っているという、相手の主観だ。

要するに、相手が“直接自分が言っているわけじゃないのよ、私は代弁しているだけ”という建前を作っておきたいだけだ。

それはなぜか。

“悪口”を言っている自分という像をぼかしたいだけ、責任の所在を自分から他の多数に振り分けたいだけだ。

 

 

要するに、やっていることは小学生の悪口と大して変わらない。

棘のある言葉にショックを受けるかもしれないけど、「いい大人が」と哀れんでやるのが正解かもしれない。

 

僕は悪口が心をよぎった時、反射的に我が身を振り返ります。

その悪口を、僕がいう資格があるだろうか。

たいていの場合、僕も大なり小なり似たようなもので、結局その悪口は封印されてしまいます。

悪口を言われる方と言う方は、大なり小なり似た者同士なんじゃないでしょうか。

同族嫌悪ってやつ?

だから思う。「相手も大概だから気にすんな」って。

 

あークスリが回ってきて思考に影響が出てきているようです。

明日は機上の人。

今日はお休み。

会話下手

僕はコミュ障だ。

反論もあろうが、コミュ障だと思う。

でも、コミュニケーション・・・いやカンバセーションによっては相手にも非があるのではないかと思うこともある。

 

 

とある人の話。

結婚願望が強い人で、人づてに相手を探している。

そして見つかった相手とメールやSNSで会話するも、すぐに関係がダメになってしまうという。

相手曰く「質問ばかりで“なんで答えなきゃならないの?”と思った」そうだ。

 

 

僕も経験があるのだけど、会話のキャッチボールがうまくいっていないとき、こういう状態に陥りやすい気がします。

 

例えば・・・

僕「休日っていつなんですか?(๑˃̵ᴗ˂̵)」

B「土日ですねー」

僕「そうなんですね!僕は水日なんで連休羨ましいです^^ちなみにお休みの日は何をしていますか?」

B「部屋でゴロゴロしたり家事したりしてますー」

僕「ゆっくり体を休めるのも大切ですよね_(┐「ε:)_ 僕も今の季節はこもりっきりですよ・汗 ご趣味とかないんですか?」

B「映画とか見ますー」

僕「映画いいですねぇ僕も好きです^^。最近何か良いの観ました?」

B「特にないっすねー」

僕「最近観た中だと〇〇なんて良かったですよ!」

B「今度観てみますー」

というような。

 

質問に対して単発の返答をされると非常に困ってしまいます。

頑張って会話を広げようとして、アレコレ探りを入れるも結局疑問形。

ただでさえ会話の引き出しが少ないのに、質問の引き出しのみガバガバ開けていくもんだからすぐにそれも尽きます。

 

 

こういうとき思います。

そもそも相手は僕に何を求めているのだろうか、と。
(興味はないのは分かっているけど、それでも返信がくるから何かを求めているのだと思う)

 

ホストのように引き出し豊富で、Bさんが何もしなくても楽しませてくれることを望んでいるんだろうか。

そりゃ引き出しの少ない僕には無理な話だ。

 

ほんの少しでいい。単発の返答に+αしてくれるだけでだいぶ返信は楽になるんだけど、そうはしてくれないのには何か理由があるのだろうか。

 

それとも、+αが着くまでこちらはホストにならなければならないのだろうか。

 

 

引き出しが少ない僕はどうしたらいいのだろうか。

相手から+αを得るにはどうしたらいいか。

 

それはわからない。

でも、共通の何かがある方が+αに繋がりやすい気がします。

 

例えば、共通の趣味がある場合はスムーズに会話が流れる場合が多いと思います。

または、短い時間でも会ったことのある人。実際に人となりが分かっていれば、単発の仕打ちになることは少ない。

 

なんにせよ、+αがなければどうしても質問で返すしかない。

それを「質問が多くて嫌」とされるのは、ちょっと理不尽なように思えます。

 

 

もしホスト的な楽しさが欲しいなら、ホストクラブに行けばいいんだ。彼らだってタダでそういう楽しみを提供しないのだから。

会話はお互いのキャッチボール。当たり前だけど尋問じゃないんだ。

+αを返そうぜ。

それだけでお互いの世界は重なる。

 

そういうのはダメですか?

成功報酬

この春、甥っ子が高専に合格した。

偏差値なんてどうでもいい。目標を達成した。それが喜ばしい。

本人も喜んでいるだろうが、ここで大きなサプライズを与えたかった。

 

父、僕、弟の男連合が企画し、旅行を提供した。

出発はそれぞれ異なる地点ということ、その他プラン的なこともあって甥っ子が一番先に出発した。

 

迎えるのは弟。

今は共通の趣味であるサーフィンを堪能させたところだ。

 

 

さて、僕からのサプライズはなんでしょう。

実はMacBook Airを買い与えた。
(正確には予算を出した)

どんなことでも結果を出せれば報酬につながると教えたかったから、かなり奮発した。

逆に結果を出せない努力には客観的な価値がないとわかってもらいたい。

個人的には努力にも報酬を与えたいところだが、世の中はそうじゃないから。

 

 

この後、父からのサプライズであるUSJツアーが待っている。

甥っ子はこの一連のサプライズをどう捉え、何を思い、どのような結論を導き出すのだろうか。

果たして。

平常運転

クスリってすごい・笑

昨日ようやくクスリをもらい、帰宅後(若干眠剤多めで)服薬して、

 

久しぶりに深い眠りに落ちました。

朝スッキリ。気持ちぃー・笑

 

偏頭痛もふらつきも、過度な孤独感もなくなり、クスリってすごいなぁと改めて思いました。

 

 

ただ、それと同時に一抹の不安が脳裏をよぎります。

それは

“一生飲み続けなければならないのだろうか?”

というもの。

 

特発性血小板減少性紫斑病のプレドニゾロンもそうですが、クスリで一生モノは嫌です。かなり。

 

 

今日は甥っ子が東京に出発する日です。

航空券を(遠隔地にいる)僕が手配して、取扱明細書兼領収書を郵送したのですが・・・これが結構不安で^^;

 

甥っ子や親(姉)から受領の連絡もなく、JALの「タッチ&ゴー」システムもよくわからず、、、不安です・苦笑

 

連絡なきは〜の便りじゃないけど、緊急連絡が入らないということはうまく行っているということなのかな?

 

あー良いでも悪いでもいいから連絡がほしー><

離脱症状

先週の精神科に行くことができず、クスリも切らしてしまいました。

安心のためあらかじめ書いておくと、今日精神科に行き、臨時に投薬処方してもらいました。帰宅後すぐ服用し、これを書き終わる頃には効いてきているでしょうから寝るつもりです。

 

 

さて、毎日キチンと飲んでいたクスリをいきなり絶つとどうなるか。

当然離脱症状が出始めます。

 

僕の飲んでいるクスリの種類はひとまず置いておいて、とりあえず離脱症状らしき状態を書いてみましょう。

  • 偏頭痛
  • めまい・ふらつき
  • 吐き気
  • 末梢の痺れ
  • 筋肉の・・・なんというか痺れを伴った急な脱力感。不整脈みたいな。
  • 不眠
  • 体温コントロールがおかしい
  • 食欲がおかしい(過食)
  • テンションがおかしい(躁気味)
  • 情緒がおかしい(孤独感)

辛いのは偏頭痛と突然くる痺れを伴った脱力とふらつき。そして不眠と、長い時間を戦う孤独感。

めまいと吐き気は軽いもので動いているぶんには問題なし。

その他も行動に影響するほどのものでもない。

心配なのは不整脈っぽい症状。心臓も心右脚ブロックになっているらしいので、クスリの影響があるのは心配です。

 

ちょっと「もうダメかも」と思い、人の声を聞きたくなった休日(昨日)は電話かけてみましたが、安心はしたけど孤独を埋めるだけの会話ができませんでした。仕方ないよね。。

 

ちょっと「もうダメかも」と思い、血液内科に行った後(少し仕事をして)精神科に行ってきました。

代打のドクターにクスリだけ処方してもらい、担当ドクターまでの受診をつなぎます。

 

 

すぐにでもクスリを飲んで楽になりたい!

なんなら2日ぶん一気に飲んででも!

今すぐ飲みたい!

そんな衝動を内に秘めつつ、なんとか帰ってきてから定量服薬しました。

睡眠不足があるので眠剤だけ、昔飲んでいた倍量のにしましたが、まぁ問題ないでしょう。後頓服のマイスリーも飲みました。

深く静かに長く眠りたいのです。

 

 

明日は健康な体を取り戻していることを期待して、じゃあ寝ましょう!

自助事情

f:id:leiurus:20190310205000j:plain

定例の発達障害の自助会(お茶会)に参加してきました。

今回は14人集まり、多い方でした。

 

今回は僕の紹介で、健常者(障害のない普通の人)も参加しました。

家族に発達障害者がいるそうですが、元々はボードゲーム仲間です・笑

 

僕は毎回ボードゲームを持参して参加しているのですが、いつもメンバー集めに苦労します。

老若男女大抵8名前後集まる自助会で、話をしたい人もいれば聞いていたい人もいて、ひたすらお茶のみ食べる人もいれば寝る人もいて、そんな中で半数にもなる4名集めるのは至難です。

 

ということで、今回は僕とお仲間さんの2名+固定メンバー1名がいるので残り1名の募集は簡単でした^^

 

ボードゲームも久々に白熱しましたね!

優勝者さん、苦境の中からの盛り返しはさすがでした・笑

 

次回はお仲間さんが新しいゲームを持ってきてくださるそうなので、楽しみにしています^^

惰眠悪夢

疲れている。

仕事から帰ってきてすぐ布団に潜ると、夜の寝入りの悪さが嘘のように眠りに落ちた。

 

 

夕方ごろ目覚める。

が、特に用事もないので横向きになり室内を見ていた。

 

 

布団から抜け出し、トイレに行く。夢だった

布団から抜け出し、パソコンの前に座る。夢だった

布団から抜け出し、部屋を片付ける。夢だった

 

 

浅い眠りの中の、無限に起床する夢を見ていた。

また起きる。すると

 

 

背後の壁に気配を感じた。と思ったらその気配は壁を抜け身体の中に入って行く。

瞬間、強い力、負の力を感じた。

 

 

金縛りのようにこわばるカラダ。

だが負けはしない。必死に力を込め、抵抗する。争う。

 

 

全力で両腕に込めた力はピンと腕を伸ばし、指の先まで。

ただ左手の指は完全には開かなかった。

 

 

数分の間、ひたすらそうしていた。

すると不意に力が抜けて行くのがわかる。

 

 

いつの間にか閉じていた目を開けた。

オレンジに暗く染まったいつもの室内が近視の眼にぼやけて写る。

 

 

違和感を感じた。

目の前にあるのにぼやけた物体。

 

 

それはこちらを見た。

女の子の大きい人形の頭部のようで、斜めに見てくる。

 

 

口が動く。「おちゅする?」

反射的に聞いてしまう。「え、お茶?」

 

 

それもいいかもね。

クスリとそれは笑うようだ。

 

 

ここで思い出した念仏を覚えている冒頭だけ繰り返し唱えた。

最初は良かったが、徐々に口の中に違和感を感じ始める。

 

 

髪の毛が口の中いっぱいに入ってきている。

もぞもぞと、もぞもぞと。

 

 

目が醒める。

布団から抜け出し、室内を歩き、電灯をつける。

 

 

トイレに行き、パソコンの前に座る。

少し片付ける。これは夢?

 

 

ブログを書く。

これまでのはただの夢だったようだ。

 

 

妙にこわばった左腕を除いては。

 

 

ちなみに隣の部屋は、去年1年で3世帯入れ替わりました。