scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.

年の差恋愛

僕の話じゃないです。

なぜか僕には、よくわからない案件を引き寄せる何かがあるようです。

 

今、少し複雑な案件に首を突っ込んでいますが、、、いやそもそも、彼氏がいるなら彼氏を頼れよ、と思うわけです。

依頼者をSさんとしましょう。例えです。気質がSな訳ではありません。

Sさんの彼氏は年下の高校生。

 

・・・。

これ、Sさんが女性だから問題にならないのかもしれないけど、逆だったら犯罪だよね。。;

大丈夫なのかな。

 

そんな彼氏くんは、Sさん曰く「高校生らしく自分本位でSさんのことをあまり考えてくれない」そう。

だから今回の元の案件も手伝ってくれる見込みがないらしい。

 

んー・・・

 

例え小学生でも中学生でも、相手を大切に思うなら、その相手が困っているとき手助けしたくなるものじゃないのかな。

高校生はSさんを大人として信頼していて大丈夫と思っているのかもしれないけど、恋愛っていうのはそんなんじゃないよね。

年の差があろうと、ある程度の節度を持って本音をぶつけ合ってたまに泣いて、擦り合わせて温まって幸福を得て、苦しい辛いは半分こ、嬉しい楽しいは分かち合うのが恋愛ってもんじゃない?よくわからないけど、多分そうなんだよ、きっと。

 

ん?僕はSさんを大切かって?

そりゃ友達だからね。

でも僕の場合は友達でなくたって手を貸してしまいたくなる病です。

 

いわゆる偽善者ってやつ。

なぜかって?

 

誰かを助けたいと思うのは、誰かに助けてもらいたいと思っているから。だと思う。

そうでしょう?

幸福な人には、不幸な人は見えづらくなるものです。

 

彼女だろうと友達だろうと、見知らぬ誰かだろうと、ヘルプを発しているなら助けると思う。

見返りは、とりあえずは求めない。

強いていうなら、あなたも誰かを助けてください(めぐりめぐって僕のところに来るように)くらい。

 

よく思う。

「あなたの判断が、あなたの未来にとって最良の選択でありますように」と。

 

判断をするのは僕ではなくSさん。

もれなくSさんにも、今後の判断が最良の選択でありますように。

ITP通院4回目

本日は特発性血小板減少性紫斑病の通院日。

 

副腎皮質ホルモンであるプレドニゾロンを15mg/日にした結果、血小板の数は前回よりも1万弱多い10.4万/μLでした。

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の適用は血小板数10万/μL未満だそうなので、加療中ではありますが一応はITPの枠から外れたことになります。

それ以外にも薬の副作用が減ってきているのか中性脂肪値が上限に近いものの正常域に戻り、白血球数も基準値に近づいてきました。

といっても、中性脂肪は薬で抑えているんですけどね。

 

ただし、ムーンフェイスは相変わらず^^;

真っ先にコレが治って欲しいところです。

ドクター曰く「プレドニゾロンが10mg切ったら副作用も落ち着いてくるはず」だそうなので、もうしばらくの辛抱と思っておきます。。

 

プレドニゾロンの減量ですが、てっきり10mg/日になるかと思いきや、12.5mg/日とされました。

どうやらこのあたりの血小板増減と服用量のバランスの判断が難しい様子で、慎重に事を進めたいようです。

 

そうそう。

前々から伝えていたことではありますが、今日改めて夜眠れない事を伝えると眠剤が処方されました。

マイスリーサイレース

うん、有名どころだ。

 

あぁムーンフェイスが落ち着きますように。

ということで次回の通院も2週間後です。

幌見峠

久しぶりに太陽の顔を見た今日。

そそくさと仕事を切り上げ15時過ぎ。

 

そうだ、バイクに乗ろう!

 

近場にあるちょっと走り甲斐のあるところで、写真映えのしそうなところ。幌見峠。

ところが目的地に近づくにつれ、空は曇り模様。

 

そして肝心の目的地はバイクお断り。
(自動精算の駐車場は基本バイクお断りなんです。センサーが反応しないので)

申し訳なく片隅にバイクを停め、写真を撮ってみたものの・・・

 

なんか調子が悪かった。

f:id:leiurus:20180706161138j:plain

ガンマいじってたら茎が蛍光色に^^;

ラベンダー自体も見頃はもうちょい先かな?

 

調子が悪い時は何やってもダメなもんですね!

開き直りは肝心ですよ!



今週のお題「星に願いを」

今週のお題「星に願いを」

 

もし願いが叶うなら?

そう考えるほどもう子供じゃない。

 

でもでも、もしだよ?

発達障害じゃなかったり、ITPじゃなかったり、交通事故にあわなかったり、不自由しなかったり、満足していたならだよ?

人生どのように変わっていたのかな。

 

まぁそう考えるのは、あくまで今があるからで、今ももっぱら悪いわけじゃない。

そう信じでいたい。

 

星に願いをかけるなら。

どのような人生でも、報われるものであるように。

 

疲れ気味

昨日は雨のなか二輪車安全運転講習会という名の技術向上訓練に午前中を費やした。

帰りも雨に打たれ、どっと疲れる。

まるで梅雨のような週間天気予報に、気分も滅入る。

洗濯する気にだってなれやしない。

 

何をするにも面倒に感じ、ベッドでゴロゴロする。

プレドニゾロンのおかげで眠れることはなく、湿気でベタつく肌に苛立ちを感じながら目を瞑る。

 

疲れてるなぁ。

しなければいけないことがあるというのに。

よくない方向にばかり向かっている気がする。

 

なんとなくだけどこの直感は、あながち間違っていない気がする。

 

 

・・・

 

 

今日という日は仕事にも身が入らず、もたつく自分にひたすらイライラしていた。

こういう時、いっその事リセットしたい。

クスリも飲み忘れる始末。あんまりにも自分らしくない。

風呂にでも入ろうか。心の洗濯を。

 

空っぽにしたい頭にいろいろな事柄が流れ込んでくる。

それらを洗い流すように好きな音楽を聴き、頭の中をピアノとドラムに染めようとする。

 

疲れてるなぁ。

考えなければいけないことがあるというのに。

何ひとつ自分のためになっていない気がする。

 

なんとなくだけどこの直感は、あながち間違っていない気がする。

ITP通院3回目

本日は特発性血小板減少性紫斑病の通院日。

 

副腎皮質ホルモンであるプレドニゾロンを20mg/日にした結果、血小板の数は前回よりも1万強多い9.5万/μLでした。

相変わらずコレステロール系と中性脂肪、そして白血球の値は異常ですが、血小板が基準最低限の12万/μLにジワリ近づいているのが嬉しいです。

・・・ムーンフェイスも相変わらずです。

昨日床屋に行ったら「ほっぺたどうしたの!?」「殴られたのかと思ったw」というリアクションなほど変形しているようだから・・・少し凹みます。。

 

さて、この結果を踏まえてプレドニゾロンが20mg/日から15mg/日に減ることになりました。

ドクター曰く「プレドニゾロンの量は“多い”と“少ない”の中間くらいかな」という量だそうです。

あぁムーンフェイスが落ち着きますように。

 

ちなみに、ドクターに特定疾患の件を話してみましたが、週一通院は却下されました・笑

医療的にそんなに通う必要はないから、だそうです。

 

こっちは医療費で苦しいんだよぉ〜〜〜!

 

ということで次回の通院も2週間後です。

2018-夕張メロンまつり

本当は表の記事にしても良いのですが、如何せん写真が少ないので裏でこっそりというわけです。
(ログもきちんと残せませんでしたし・・・)

第10回夕張メロンまつりに行ってきました。
(メロンが嫌いな人が相当数いるイメージなので贈答用を買わなかったけど・・・)

 

だいたい片道75km、往復と寄り道迷い道を含めて約160km。
燃料は5.5L消費しました(燃費29km/L)

f:id:leiurus:20180624161146p:plain

 

寝坊とデバイスの不具合で到着は少し遅刻したのですが、

f:id:leiurus:20180624161443j:plain
f:id:leiurus:20180624161453j:plain
心臓に響く和太鼓に始まり
f:id:leiurus:20180624161518j:plain
f:id:leiurus:20180624161508j:plain
会場の雰囲気はこんな感じ
f:id:leiurus:20180624161534j:plain
f:id:leiurus:20180624161526j:plain
ゆるキャラ?や謎のキャラがいました
f:id:leiurus:20180624161600j:plain
f:id:leiurus:20180624161550j:plain
メインイベントのセリ体験の様子

ところで。

ゲスト演奏者の中でピアノとドラムの曲を披露していたバンドがあったのですが、モロ好み!
ずきゅん(何

で、

f:id:leiurus:20180624161622j:plain

CD買っちゃいました

サインもらっちゃいました(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

彼らは吉澤吉澤という、兄妹で札幌を拠点に活動しているバンドのようです。


吉澤吉澤「Beginning of the light」

 

やばい、ファンになりそう。というか既になったかも。

急に土砂降りの雨に降られたりもしましたが、なかなか良い出会いのあった旅でした^^

 

最後に・・・

f:id:leiurus:20180624161542j:plain

モノクローム

モノクロの写真は苦手です。。

上手い人はセンスがいいと思う。