scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.http://scrap.hatenadiary.com/entry/2018/12/06/175608

旭山動物園に行ってきました。

寒かった。

f:id:leiurus:20191104143725j:plain
f:id:leiurus:20191104143730j:plain

動物園での撮影って難しいですね。

動物の撮影が難しいのかもしれません。

 

フェンスに惑わされるピント。汚れたガラスでぼやける画像。高所にいることが多い小さい動物が多いので構図の問題。明暗比が強くコントラストの問題。暗い場所だったり動きが速かったりブレる。

 

通って慣れる必要があるかもしれません。

 

f:id:leiurus:20191104143736j:plain

 

カピバラは動きが鈍く大きいので比較的撮影しやすかったです。

飼いたい動物ベスト2にノミネートされました。

 

f:id:leiurus:20191104143742j:plain

 

もののけ姫のショウジョウを彷彿させます。

 

f:id:leiurus:20191104143748j:plain

 

手を挙げて堂々と振る舞っている個体が体格が良くボスのようでした。

 

f:id:leiurus:20191104143754j:plain

 

食事前だった様子で、寒さも手伝ってか動きが少なかったです。

空腹げな様子が身に染みます。

 

f:id:leiurus:20191104143759j:plain
f:id:leiurus:20191104143806j:plain

 

こちらは脂が乗って良い体格でしたが、餌に関しては選り好みをしていました。

好き嫌いはあかんよ。

 

f:id:leiurus:20191104143822j:plain
f:id:leiurus:20191104143817j:plain
f:id:leiurus:20191104143826j:plain
f:id:leiurus:20191104143812j:plain

 

ひゃっほぅ♪と言わんばかりにアクティブに動き回っていました。

身のこなしは惚れ惚れするものがあります。

 

f:id:leiurus:20191104143830j:plain
f:id:leiurus:20191104143836j:plain

 

親子なのかは不明ですが、上からニンゲンを見下ろしていました。

 

f:id:leiurus:20191104143842j:plain

 

こちらがその、ヒト科ホモサピエンス。通称ニンゲンの子です。

 

f:id:leiurus:20191104143846j:plain

 

人目につきづらい場所にひっそり佇む動物が多い中、堂々とした王者たる出で立ちでした。

 

f:id:leiurus:20191104143851j:plain
f:id:leiurus:20191104143857j:plain

 

寒いのか眠いのか。

どの動物も活発ではないようです。

 

f:id:leiurus:20191104143903j:plain

 

眼が紅く、風体に似つかわしくない鋭い眼光を覚えます。

 

 

行動展示で有名な旭山動物園ですが、常同行動をしている個体が多く見られ、中には脱毛、怪我をしている個体もいました。

これらは適切な環境下で扱われていない場合、つまりストレスが強いとこに見られるものです。

そう思うと心から楽しめませんでした。

動物たちへの環境改善に努め、名実ともに有名な旭山動物園になってもらいたいものです。

秋を見つけたかって?

こちらともう終わりかけてるんだい!

 

平岡園芸センター

f:id:leiurus:20191022184759j:plain

(↑ピント位置が微妙に残念な写真)

f:id:leiurus:20191022184805j:plain

f:id:leiurus:20191022184813j:plain
f:id:leiurus:20191022184821j:plain

f:id:leiurus:20191022184833j:plain

f:id:leiurus:20191022184839j:plain

f:id:leiurus:20191022184844j:plain

f:id:leiurus:20191022184848j:plain
f:id:leiurus:20191022184852j:plain

f:id:leiurus:20191022184858j:plain


神仙沼

f:id:leiurus:20191022184908j:plain

f:id:leiurus:20191022184903j:plain

f:id:leiurus:20191022185335j:plain

 

白扇の滝

f:id:leiurus:20191022184915j:plain

f:id:leiurus:20191022184923j:plain

 

乗るたびに車が傷ついて行っている気がします。

今日1,111kmを突破しました。

ダリア園

ダリア園に連れて行ってもらいました!

 

今回はちょっと遠いところです。

どれくらい遠いかというと・・・

f:id:leiurus:20191016183212j:plain

f:id:leiurus:20191016183208j:plain

 

海を渡るくらい!

北海道民にしてみたら本州は海外ですからね笑っ

 

肝心のドリア園に着く前に

f:id:leiurus:20191016183217j:plain

 

たわわに実る柿の木がそこらにあるのに喜ぶ僕。

北海道ではそんなに頻繁に見かける光景ではないですよね!?

 

さて、肝心のダリア園ですが

f:id:leiurus:20191016183221j:plain

 

こんなの撮ってました。

なんかありきたりな構図の写真が多く、まともに現像しようと思えたのはこの写真くらいだったりします。

 

その他は

f:id:leiurus:20191016183238j:plain
f:id:leiurus:20191016183250j:plain

f:id:leiurus:20191016183232j:plain

 

これまた北海道ではあまり見かけない?*1ホシホウジャクを追っかけ回してたり、

 

f:id:leiurus:20191016183259j:plain

f:id:leiurus:20191016183244j:plain

 

カエルに心奪われてたり

 

f:id:leiurus:20191016183255j:plain

 

樹を撮ってみたり。

 

あんまり連れて行き甲斐のないヤツですみません^^;

*1:生息域に北海道は含まれているのですが、見たのは初めて

函館山の魅力

用事があり函館に行ってきました。

少し時間ができたので、久々に函館山に登ってみることに。

ということで、まずはお決まりの写真をどうぞ笑っ

f:id:leiurus:20191003173101j:plain

 

この風景、有名ですね!

観光客はおろか、函館民でさえこの風景に満足し、下山することでしょう。

 

ですが少し待ってほしい。

 

函館山にはこれ以外にも魅力があります。

それは・・・

f:id:leiurus:20191003173003j:plain
f:id:leiurus:20191003172927j:plain
f:id:leiurus:20191003172853j:plain
f:id:leiurus:20191003172944j:plain
f:id:leiurus:20191003172834j:plain

 

旧日本軍陸軍砲台跡。

そう、函館山は要塞としての過去があり、風化しながらもその歴史を残しています。

f:id:leiurus:20191003173108j:plain
f:id:leiurus:20191003172814j:plain
f:id:leiurus:20191003172952j:plain
f:id:leiurus:20191003173036j:plain
f:id:leiurus:20191003173042j:plain

 

敗戦時に爆破されたところ、苔むした階段。

いたるところが緑に覆われています。

 

f:id:leiurus:20191003172827j:plain
f:id:leiurus:20191003173030j:plain
f:id:leiurus:20191003173025j:plain
f:id:leiurus:20191003173009j:plain

 

風化は激しく、いたるところが立ち入り禁止区画になっています。

f:id:leiurus:20191003173122j:plain
f:id:leiurus:20191003172734j:plain

f:id:leiurus:20191003172755j:plain

 

地味なところですが、個人的に好きな場所です。

もっと整備されて維持して欲しいと思う一方、心無い人に荒らされずにこのまま風化していって欲しいという重いものあります。

 

f:id:leiurus:20191003173133j:plain

 

どうでしたか?

函館山にお越しの際は、ぜひ足を伸ばしてみてください(๑˃̵ᴗ˂̵)

今回、事もあろうに車を購入しました。

ので、試運転と洒落込みます。

 

f:id:leiurus:20190929204250j:plain

途中の道の駅でナナカマドを撮影。

少しアンダーになってしまっているのには、間抜けな理由が。

 

これはSNSにアップするためにX-T30で現像した写真でしたが、これを削除するときに元のRAWも消してしまいました^^;

 

もともと修正予定で暗めに撮っているので、それがそのまま結果として現れてしまいました苦笑

 

試運転の行き先は少し迷いましたが、西側から雨雲が来ていたので東側に行くことに。

となれば久しぶりにシューパロ湖に行こう!

f:id:leiurus:20190929204244j:plain

f:id:leiurus:20190929204237j:plain

 

納車直後に200km走行してしまいました笑っ

今日は病院の日でした。

いつも病院すぐチカの調剤薬局に処方をお願いしているのですが、待ち時間の間に抜け出し、テレビ塔に登りました。

 

f:id:leiurus:20190926202839j:plain

3階(展望室)まで上がると、ご覧の景色。

遠くに雲が出ていたことと期待していた夕日の状態ではなかったこと、そして外国人がベストな場所を陣取って離れないことからモチベーションがだだ下がりでした。

 

大通公園はオータムフェスが開催されており、その明かりがもっと強く広くと想像していたのですが、上から見ると結構こじんまりしていますね。

 

もう少し工夫が欲しい1枚になりました。タイミング的にももう少し後の時間の方が美しく撮れたかもしれませんね。

 

f:id:leiurus:20190926203311j:plain

少し左を見れば観覧車が目に止まります。

こちらもパチリ。うーん、なんか違う。

こちらは全体的にアンダーになってしまった気がします。

もうちょい明るくて建物のディテールがはっきりすれば、また違った印象になったのかもしれません。

 

f:id:leiurus:20190926203532j:plain

 

3階展望台を降りたら、当然視界もだいぶ下がります。

この高さでは、もう帯状の大通公園を見ることができません。

その代わりに奥行き感のある大通を楽しめます。

 

雲がだいぶ多くなってきて、紫に染まっているであろう空を隠してしまっています。

タイミング(シャッターチャンス)も写真を撮る人には大切な要素です。要するに、今回は運がなかったということで。

 

出来るだけ回数を重ねて、タイミングを掴み取るしか方法はないのです。

 

あー。写真が上手くなりたいです。