scrap’s blog

If you like water, you already like 72% of me.

帰省してきました

僕の仕事は、1年の休日があらかじめ決められています(有給を除く)

その中の希少な3連休。
地元へ墓参しにいってきました。

・・・という話なので、特にネタがありません・笑

 

ただ今回の小旅は「したことないことをしよう」をテーマにしていたので

  • 普段は高速バス ⇨ 今回はJR(晴れてればバイク)
  • JRならば駅弁を買って食べよう
  • 宿泊はビジホじゃなくちょいリッチな(普通な?)ところで
  • 食事も観光気分でリッチに
  • 夜の街に遊びに出かけたり

などなど考えていました。

残念ながら当日は雨がぱらつく日々で積極的に外出する気にはなれませんでした。さらに家族の拘束が想定以上にキツく自由時間を取るのもままならない中でしたが・・・いくつ実行できたかな〜?

 

そうそう。

僕の地元の「市の魚」はイカです。

当然「イカ丼」なるものが存在することを期待していましたが、驚くべきことになかった!

以下、及第点の「うにイカ丼」です。

f:id:leiurus:20180818171144j:plain

まぁぶっちゃけ、そこまで美味しくなかった(ぉぃ
いや美味しかったけど、普通でした。

でも、これなら職場で朝取スルメイカでも買って捌いて自作したほうが・・・

ぜひ旨い「イカ丼」を用意して欲しいところです。

 

 

ひまわりの里

たけのこの里みたいな響きがいいですね・笑

表ブログに書く予定で行動していましたが、記事を起こす気力がないので裏に投げておきます。

 

往復約210kmでした。

f:id:leiurus:20180729163306j:plain

f:id:leiurus:20180729163318j:plain
f:id:leiurus:20180729163401j:plain
f:id:leiurus:20180729163413j:plain
f:id:leiurus:20180729163423j:plain
f:id:leiurus:20180729163340j:plain

f:id:leiurus:20180729163331j:plain

f:id:leiurus:20180729163350j:plain
f:id:leiurus:20180729163442j:plain

f:id:leiurus:20180729163432j:plain

とまあ、どこを見ても一面ひまわりな訳です。

バイクと撮れなかったのは残念ですが、きちんとバイク用の駐輪場も用意されていて(かつ基本無料で)大満足でした!*1

 

・・・ちょっとクーラーの効いた部屋でクールダウンしないと^^;
(めちゃくちゃ天気良くて暑かった)

 

*1:有料で迷路がに入れたりする

ITP通院5回目

本日は特発性血小板減少性紫斑病の通院日。

 

副腎皮質ホルモンであるプレドニゾロンを12.5mg/日にした結果、血小板の数は前回よりも3万強多い(!)13.7万/μLでした。

全開でITPの枠から外れましたが、今回は基準値である12万/μL~の範囲に収まったことになります。このまま快方に向かえば、脾摘などの追加治療は必要ないとのことです。それは嬉しい!

白血球もほぼ正常値。その他項目の値も正常値に近づきつつあります。

が、ムーンフェイスは相変わらず。

あと、前回の投薬減量から皮膚が痒むという症状が出始めました。

 

コレステロール値はともかく、中性脂肪値が落ち着いたということでピタバの服用が中止となりました。これが痒みの原因になっているかもしれないということらしいですが、それならもっと早く症状が出ているはず。

ドクターの判断ですから横槍は入れませんでしたが、また高脂血症のような状態にならないか心配です。

 

プレドニゾロンは10mg/日となりました。

また、これまで通院は隔週でしたが次回は4週後ということに。

投薬内容を変更しているので、通院間隔が伸びることには不安を覚えます。

 

あぁムーンフェイスが落ち着きますように。

あとピタバ中止が気になるからトクホのお茶でも飲むよう心がけよう。

ということで次回の通院は4週間後。

 

・・・忘れそ^^;

ロイズローズガーデン

今日は晴れてて時間もあったので、ロイズのローズガーデンに行ってきました。

基本的にバラ園ですが、行く時期が遅すぎたためかバラはあんまり咲いていませんでした。

行くなら6月下旬から7月上旬がベストでしょうね。

来年用のメモです。

f:id:leiurus:20180724184459j:plain

f:id:leiurus:20180724183900j:plain
f:id:leiurus:20180724183915j:plain
f:id:leiurus:20180724183906j:plain
f:id:leiurus:20180724184022j:plain
f:id:leiurus:20180724184053j:plain
f:id:leiurus:20180724183937j:plain
f:id:leiurus:20180724183926j:plain

f:id:leiurus:20180724184030j:plain

f:id:leiurus:20180724183953j:plain
f:id:leiurus:20180724183944j:plain
f:id:leiurus:20180724184053j:plain
f:id:leiurus:20180724184013j:plain
f:id:leiurus:20180724184115j:plain

f:id:leiurus:20180724184109j:plain

f:id:leiurus:20180724184115j:plain
f:id:leiurus:20180724184101j:plain
f:id:leiurus:20180724184147j:plain
f:id:leiurus:20180724184121j:plain
f:id:leiurus:20180724184045j:plain
f:id:leiurus:20180724184141j:plain
f:id:leiurus:20180724184039j:plain
f:id:leiurus:20180724184155j:plain
f:id:leiurus:20180724184202j:plain
f:id:leiurus:20180724184214j:plain

f:id:leiurus:20180724184208j:plain

f:id:leiurus:20180724184005j:plain
f:id:leiurus:20180724184305j:plain
f:id:leiurus:20180724184346j:plain
f:id:leiurus:20180724184338j:plain
f:id:leiurus:20180724184312j:plain

f:id:leiurus:20180724184317j:plain

f:id:leiurus:20180724184416j:plain
f:id:leiurus:20180724184450j:plain

f:id:leiurus:20180724184442j:plain

f:id:leiurus:20180724184735j:plain
f:id:leiurus:20180724184425j:plain
f:id:leiurus:20180724184234j:plain
f:id:leiurus:20180724184330j:plain
f:id:leiurus:20180724184258j:plain

f:id:leiurus:20180724184324j:plain

 

こんな感じです。

チョコレートと花の甘い香りに満たされました(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

年の差恋愛

僕の話じゃないです。

なぜか僕には、よくわからない案件を引き寄せる何かがあるようです。

 

今、少し複雑な案件に首を突っ込んでいますが、、、いやそもそも、彼氏がいるなら彼氏を頼れよ、と思うわけです。

依頼者をSさんとしましょう。例えです。気質がSな訳ではありません。

Sさんの彼氏は年下の高校生。

 

・・・。

これ、Sさんが女性だから問題にならないのかもしれないけど、逆だったら犯罪だよね。。;

大丈夫なのかな。

 

そんな彼氏くんは、Sさん曰く「高校生らしく自分本位でSさんのことをあまり考えてくれない」そう。

だから今回の元の案件も手伝ってくれる見込みがないらしい。

 

んー・・・

 

例え小学生でも中学生でも、相手を大切に思うなら、その相手が困っているとき手助けしたくなるものじゃないのかな。

高校生はSさんを大人として信頼していて大丈夫と思っているのかもしれないけど、恋愛っていうのはそんなんじゃないよね。

年の差があろうと、ある程度の節度を持って本音をぶつけ合ってたまに泣いて、擦り合わせて温まって幸福を得て、苦しい辛いは半分こ、嬉しい楽しいは分かち合うのが恋愛ってもんじゃない?よくわからないけど、多分そうなんだよ、きっと。

 

ん?僕はSさんを大切かって?

そりゃ友達だからね。

でも僕の場合は友達でなくたって手を貸してしまいたくなる病です。

 

いわゆる偽善者ってやつ。

なぜかって?

 

誰かを助けたいと思うのは、誰かに助けてもらいたいと思っているから。だと思う。

そうでしょう?

幸福な人には、不幸な人は見えづらくなるものです。

 

彼女だろうと友達だろうと、見知らぬ誰かだろうと、ヘルプを発しているなら助けると思う。

見返りは、とりあえずは求めない。

強いていうなら、あなたも誰かを助けてください(めぐりめぐって僕のところに来るように)くらい。

 

よく思う。

「あなたの判断が、あなたの未来にとって最良の選択でありますように」と。

 

判断をするのは僕ではなくSさん。

もれなくSさんにも、今後の判断が最良の選択でありますように。

ITP通院4回目

本日は特発性血小板減少性紫斑病の通院日。

 

副腎皮質ホルモンであるプレドニゾロンを15mg/日にした結果、血小板の数は前回よりも1万弱多い10.4万/μLでした。

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の適用は血小板数10万/μL未満だそうなので、加療中ではありますが一応はITPの枠から外れたことになります。

それ以外にも薬の副作用が減ってきているのか中性脂肪値が上限に近いものの正常域に戻り、白血球数も基準値に近づいてきました。

といっても、中性脂肪は薬で抑えているんですけどね。

 

ただし、ムーンフェイスは相変わらず^^;

真っ先にコレが治って欲しいところです。

ドクター曰く「プレドニゾロンが10mg切ったら副作用も落ち着いてくるはず」だそうなので、もうしばらくの辛抱と思っておきます。。

 

プレドニゾロンの減量ですが、てっきり10mg/日になるかと思いきや、12.5mg/日とされました。

どうやらこのあたりの血小板増減と服用量のバランスの判断が難しい様子で、慎重に事を進めたいようです。

 

そうそう。

前々から伝えていたことではありますが、今日改めて夜眠れない事を伝えると眠剤が処方されました。

マイスリーサイレース

うん、有名どころだ。

 

あぁムーンフェイスが落ち着きますように。

ということで次回の通院も2週間後です。

幌見峠

久しぶりに太陽の顔を見た今日。

そそくさと仕事を切り上げ15時過ぎ。

 

そうだ、バイクに乗ろう!

 

近場にあるちょっと走り甲斐のあるところで、写真映えのしそうなところ。幌見峠。

ところが目的地に近づくにつれ、空は曇り模様。

 

そして肝心の目的地はバイクお断り。
(自動精算の駐車場は基本バイクお断りなんです。センサーが反応しないので)

申し訳なく片隅にバイクを停め、写真を撮ってみたものの・・・

 

なんか調子が悪かった。

f:id:leiurus:20180706161138j:plain

ガンマいじってたら茎が蛍光色に^^;

ラベンダー自体も見頃はもうちょい先かな?

 

調子が悪い時は何やってもダメなもんですね!

開き直りは肝心ですよ!